top of page
検索

オペラティックコンサート 2023

いわきでの3日間の公演が終わりました。

今は帰りの電車の中です。

10周年の「10」のポーズで

左から、Bar QUEENの加藤様、旅館こいとの小井戸様、錦公民館の松本館長、ピアニストの小瀧俊治さん、同じくピアニストの香川明美さん、ソプラノの藤岡優さん、同じくソプラノの金持亜実さん、テノールの佐藤圭さん、そしてバリトンの井上雅人。

撮影は、アテンドとして今年もお力添えくださった佐藤浩太郎様。本当にありがどうございました。


2013年からスタートした「オペラティックコンサート」も10周年となりました。

ここまで継続してこれたのは、快く参加してくれた音楽家の皆様、そしてご尽力くださったいわきの皆様をはじめ、多くの方のお力添えがあってこそです。


ある方を通じ、加藤様と繋がり、そこから松本様や小井戸様と繋がっていきました。そこから少しずつ広がっていったご縁。

心より感謝いたします。


初日は錦公民館にて。

松本館長は、この企画をスタートした時は震災の被害を多く受けた久ノ浜第一小学校の校長をしておられました。今は錦公民館の館長をしておられ、最初はそこでの演奏を行いました。


夜は加藤様のお店 Dining & Bar QUEENにて夕食。

素敵なメンバーで今回を迎えられたこと、本当にありがたいです。



2日目の午前は学校公演。菊田小学校にて演奏しました。

音楽ホールのような素晴らしい響きの体育館でした!びっくり。

演技体験では皆積極的に参加してくれたり、演奏の時には真剣な表情で聴いてくれたり、とても良い雰囲気の中終えることができました。(▷学校のブログ記事


帰る前に、6年生が急いで感想文を書いて渡しに来てくれました! みんなびっしりを書いてきてくれて、とても嬉しいプレゼントでした!!ありがとうございます。




夜は「10周年記念公演」。松本様、小井戸様、加藤様が、10年の活動のお祝いとして開催してくださいました。

いわき芸術文化交流館アリオス いわしん音楽小ホールにて。

素晴らしい響きのホールでした。


涙を流されている方もたくさんおられ、アンコール後には立ち上がり精一杯の拍手をしてくださる方々もいらして、思わず目がウルっときてしまいました。

僕自身も本当に素敵な時を過ごさせて頂きました。

終演後に、企画の皆様、出演者と。

最後には客席からの「また来てね!」のコールが。嬉しかったです。


そしてなんと、偶然打ち合わせでホールに来ていたというピアニスト長瀬賢弘さんと偶然の再会!!長瀬さんは、2012年の南相馬での演奏と、いわきでのオペラティックコンサートでも共演しました。

みんなびっくりして、客席に聞こえるほどの大騒ぎになってしまいました(笑)



最終日はスタートの地でもある、久ノ浜第一小学校

元気いっぱいの子供達。リズム体験なども楽しそうに参加してくれました。



打ち上げ(昼食)は、からすや食堂さんで。

東日本大震災のあと国内初の仮設商店街として2011年の9月3日にオープンした福島県いわき市久之浜地区にあった浜風商店街。初めて伺ったのはその頃でしたが、今は移転し素敵なお店になっています。男性陣はスタミナラーメン中盛り(1.5玉)を。

美味しかったです!


僕らの想いだけではどうすることもできない活動ですが、もし皆にプラスになる形で進められるなら、僕個人としてはできうる形で継続していきたいと思っています。


まずは関わってくださったすべての皆様に、心から御礼申し上げます。



 

さて、今回のメンバーの一人、小瀧俊治さんは長年共演をしてくれている、心から信頼するピアニストです。

12月2日に、品川区の「春雨寺ホール」にて共演します。


井上雅人・小瀧俊治 Four Seasonsn vol.4「Winter 〜 小瀧俊治生誕祭」

2023年12月2日(土)14:00開演

春雨寺ホール

今回、小瀧さんの誕生日当日の開催となりました。

是非皆さんで一緒にお祝いしましょう!




最新記事

すべて表示

Σχόλια


bottom of page