top of page
検索

『愛の妙薬』終演

先日、オペラ『愛の妙薬』が無事終演致しました。


ご来場くださいました皆様、ありがとうございました。


主催でネモリーノの土師さん、そして同じバリトンとしての先輩であるドゥルカマーラの山口さんと、たくさんの刺激をいただきました。

山口さんの声の塗り方、というか、ラインの作り方、やはり勉強になります。

ちょっと観ただけで真似できるものではないんですけどね。


初めましてのジャンネッタの西澤さんとは、最後はカップルになる設定で、お姫様抱っこで終了(お姫様抱っこは演出からの指示ではなく稽古の時から自分でやっていました笑)。

良い声でした。


こういう、人の死なない楽しい作品、良いですよね。

とても楽しんで終えることができました。


(声楽の教え子である橋本くんと。彼もベルコーレはレパートリーになるでしょうね)


次のオペラ作品は真逆のような重くエネルギッシュな作品(非常に美しいシーンも多いです)。

マスカーニの『カヴァレリア・ルスティカーナ』。

こちらはティアラこうとうの大ホールでの公演。よくセットで上演される『道化師』との二本立てです。


チケットは井上が承ります。是非お越しください!



最新記事

すべて表示

留言


bottom of page